読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

【2017.02更新】成田空港で寝るなら、ココがベスト!(野宿/寝泊まりの場所/LCC早朝便)

スポンサーリンク

※この記事は2015年に書きましたが、2016年10月にに再び成田空港で野宿しましたので、最新情報を赤字で追記します。→その後、2017年2月にこの記事で紹介しているおすすめの場所で野宿した友人からの情報も追記します。

---------------

 こんにちは!27歳独身の旅ブロガーの破天荒OLです。

 

私は国内・海外問わず旅行が大好きで、会社員ですが最低月1回は飛行機に乗って旅行しています。ただ、高給取りではないので旅はどこかで節約が基本。中でも飛行機のチケット代を安く押さえるのはとても大切だと思っています。

 LCCの早朝便は特に安いのですが、始発じゃ間に合わない時間帯であることがほとんどです。そこで今回は、成田空港発の便を利用する方のために最も快適な野宿場所(泊まる場所)を探し回った過程と結論を書いていきます。

 

 

というわけで、まずは最終電車で成田空港へ

京成線の日暮里駅から乗車。最終ということもあり結構混んでいました!
f:id:kitahonami:20150626084834j:image
日暮里から成田空港までの間全く座れなかったので、上野から乗るか、何本か前の電車に乗ったほうがいいかもしれません。
 
 

23:30 成田空港内に到着

事前に空港に泊まるとはどんな感じなのか他の人のブログでリサーチしたところ、第3ターミナルで寝るより、第2ターミナルの方がソファが沢山あって良いとのことでした。
ただ乗る場所とかが不安だったので、とりあえず第3ターミナルに行くことに。一旦外に出て、第2ターミナルから第3ターミナルまで約600mの道のりを歩きます
f:id:kitahonami:20150626090147j:image
 
ピクトグラムが分かりやすい。
f:id:kitahonami:20150626090305j:image
 
途中、「ナリタニスト」という名前で世界と日本の写真が沢山飾ってあります。
とてもきれいな写真ばかりなのです今は先を急ぎます。 
 
 

第3ターミナル到着!

第3ターミナルに入った瞬間、LCC全社のカウンターが現れます。
f:id:kitahonami:20150626090432j:image
 
カウンターを過ぎると、フードコートやソファ、椅子が出てきます。
f:id:kitahonami:20150628103811j:image
 
f:id:kitahonami:20150628103841j:image
 
いやいや、ソファ少なすぎでしょ!!
 
ソファは一人一台使って横になって寝るって感じだったので、0:10ごろの段階で全く空きがありません。
空きがあったとしても、中国系の人が多くて結構うるさいのでここでは寝たくないなって感じ。椅子はかなり空いてるけど、どうしても横になって寝たい。
 

急いで、第2ターミナルに戻ることに

f:id:kitahonami:20150628103546j:image
 
 

はい、ガラ空き!

 
f:id:kitahonami:20150628103547j:image
 
第2ターミナルだけちょうど工事中だったこともあるのか、警備員もかなり沢山いて、治安も良いかんじ。
※2016.10情報→既に工事は終わり、静かで平穏に眠れるようになっています!警備員もしっかりついてくれており治安もいいです。
 
客層も、日本人が一番多くて、欧米系や中国以外のアジア系もいるかんじ。
しかも、2階もあるので第3ターミナルよりもソファの数が圧倒的に多い!
f:id:kitahonami:20150628103552j:image
 
f:id:kitahonami:20150628103545j:image
 
温度は、1階が冷房入ってなさそうだったので、2階のほうが涼しめです。
 
結局、ちょうどいいソファが1階にあったので、ここに寝ることにしました。
ちょっと暑かったので、タイパンツに履き替えました…
f:id:kitahonami:20150628103550j:image
 
ちなみに、隣のソファには推定25歳のイケメンが寝ており、ちょっと眠れませんでした。
 

※寝るときの注意①:ずっと眩しい!

夜中でもずっと電気がついているので、とにかく眩しい!
蛍光灯の光がガンガン目を攻撃してくるので、アイマスク必須です。

私は長年PLEMO社の立体型睡眠アイマスクを愛用しているのですが、全然かゆくならないし、蒸れないし、横から光が漏れてくることは無いしで最高です。

PLEMO「立体型睡眠アイマスク」

 

※寝る時の注意②:荷物を盗まれる可能性がある!

警備員が定期的に見回ってくれていますが、アジア系の外国人がかなり多いため、警戒心は解かない方がいいと思います。

イスの足にこういう鍵付きのカラビナで荷物をくくりつけるとかして、バッグをとられないようにしておいた方がいいです。

ドッペルギャンガー「カラビナロック」

この鍵も私が愛用しているものなのですが、1個持っていればスノーボードの時や登山の時にも荷物の盗難防止使え、汎用性が高いです。

ちなみに荷物はロッカーに預ければいいじゃん!となりますが、一杯になっていることもあるので、備えあれば憂い無しです。

 

※寝る時の注意③:充電器を忘れずに!

コンセントは豊富ではありません。というか、充電専用スタンド以外は恐らくありません。多くの人がコンセントを求めてさまよっているので、携帯電話の充電器は忘れず持って行きましょう!私はこの子を愛用しています。

▶参考:マルチデバイス対応モバイルバッテリー よつばと!

 

 

そして、朝

7:00発の飛行機ですが、何となく早めに行っておこうと思い6:00に第2ターミナルを出ます。
今回は春秋航空を利用しましたが、チェックインカウンターはガラ空き。そりゃそうだよね、こっちは前の日の晩から泊まってカウンターが開いた瞬間からチェックインできるんだから。
 
というわけで、すぐに搭乗ゲートに着きました。
 
春秋航空の出発ゲート前。
f:id:kitahonami:20150628103908j:image
 
めっちゃキレイだし、空いてるじゃん!
f:id:kitahonami:20150628103926j:image
 
しかも、ソファがふかふか!
早めにゲート入って、ソファで二度寝がベストだと思いました。しかもコンセントも若干ならあります。
 
というわけで、無事出発できました! 
f:id:kitahonami:20150628103940j:image
 
 

結論

・成田空港で野宿するなら、第2ターミナルがベスト
・第3ターミナルはカウンターが簡便化されてて超分かりやすいし早い
・すなわち、成田空港着いたら第3ターミナルは寄らずに第2ターミナルに直行してソファを確保せよ!
 
 
※現地で何するかは決めましたか?アラン(ベルトラ)は、即予約OKのツアーも満載の、私が愛用している現地のオプショナルツアーサイトです。