破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

コタキナバルのおすすめ観光③:世界遺産キナバル山と温泉、キャノピーウォーク

スポンサーリンク

マレーシア・コタキナバル旅行記、ようやく最終日です。

 

f:id:kitahonami:20161019073056j:image

 

 


たった3泊5日でしたが、今まで文字に起こしたことなんてなかったのですごく大変に感じました。

 

1・2日目はこちら。
やばい色の海が広がる島に行ってきた話。

kitahonami.hatenablog.com

 

 

3日目はこちら。
おじいちゃんの顔に似てるのにオラオラ系の野生のサルを見てきた話。

kitahonami.hatenablog.com

 

 

最終日は、ボルネオ島で一番有名な観光スポット「キナバル山」の周辺に行ってきた話です。

 

「キナバル山」なんて聞いたことないよーという方がほとんどだとは思いますが、実は富士山よりも高い山(4095m)なんです。

 

しかも、2000年にユネスコ世界遺産に登録されたばかり!
登山好きな私にとっては、そんな山に近づけるだけで超幸せです。

 

そんなキナバル山周辺の基本情報!

 

キナバル山周辺の基本情報

・キナバル山の周辺には、①キナバル山植物園 ②ラフレシア園 ③ポーリン温泉とキャノピーウォーク施設が隣接しており、この3か所を1日かけて巡るのが一般的
・上記はタクシーチャーターで行くとも可能だが、入場料や駐車料金の支払いなどが面倒なので、ガイド付きツアーがオススメ
・VELTRA(オプショナルツアーサイト)とかで予約するなら、340RM=8,500円
・今回は時間の都合でガイド付き個人ツアーにしたが、意外と格安(460RM=11500円)


今回は夕方発の便で帰らなければならなかったので、個人ツアーに申し込みました。


その模様も含め、レポートしていきます。

 

 

4日目スタート!

旅の前に…

普通のツアーなら8:00出発・17:00時到着のスケジュールになるのですが、帰りの空港に向かうバスは17:30にホテルを出る予定になっており…
コタキナバルは渋滞がすごすぎて全然時間通りに着かないため、今回は自分でスケジュール管理ができる完全個人ツアーを申し込むことにしました。

そして、どうしても観光の時間は減らしたくなかったので、出発時間を1時間早めて7:00に迎えに来てもらうことにしました。

 

 

 いざ、出発!

朝7時。正直、個人ツアーを申し込んだ日本の会社に不安があり、ちゃんと来てくれるか不安でした。(怒)(個人ツアーの選び方を後日記事にしようと思いました)

が、時間の5分前に来てくれた~!!よかった!!

英語ガイドで申込み、運転手1名とガイド1名で8人乗りのワンボックスで移動しました。

 

 

 キナバル山の展望台へ

市内から1時間ほど走ると、キナバル山がキレイに見える展望台に着きました。30分ほど散策します。

f:id:kitahonami:20161018180820j:image

 

 

下向きに咲く、いかにもジャングルチックな花が写っていなければ、「長野県です」と言っても分からない写真になるので注意が必要です。
f:id:kitahonami:20161018180834j:image

 

これなんて、完全に長野の北アルプス

f:id:kitahonami:20161018181038j:image

 

展望台の近くにはお土産の露店が大量にあり、柄が可愛くてポシェット買っちゃいました。

 

 

 ラフレシア

そして展望台から1時間半くらい移動し、野生のラフレシア生えているというラフレシア園(それ、野生じゃないんじゃ?と思ったけど、ガイドが本当にそう言ってた…)

f:id:kitahonami:20161018181234j:image

 

一人40RM=1000円とちょい高めな追加料金を支払い、入場。(ツアー代金とは別料金でした)

コタキナバルに生えているラフレシアは平均直径75cmはあり、世界最大の大きさになる種類だそう。

 

めっちゃキレイ!真っ赤!
f:id:kitahonami:20161018181303j:image
半径50cm以内には近づけないため、嫌な臭いは一切しません。

これぞ、リアルポケモン!!

 

ちなみに、こんな感じで雑に囲われていました。
f:id:kitahonami:20161018181709j:image

ラフレシアがキレイだという事実よりもっと衝撃的だったのが、これ。
f:id:kitahonami:20161018181328j:image
枯れてるの、怖すぎないか!?

 

 

もう、この世の終わりみたいな…
f:id:kitahonami:20161018181356j:image


園内は全然整備とかされてなくて、その辺の道端に生えてるラフレシアを見てる感じでしたが、超興奮しました!!高い入場料払っても行く価値あります。

 

 

世界遺産・キナバル山公園

ラフレシア園からは30分(だったような?)ほど移動し、キナバル山の麓の公園へ。

ジャングルを適当に切り開いたような感じなのですが、中にはものすごい種類の変わった植物が生えていました。
f:id:kitahonami:20161018181624j:image

 


オーキッドは特に種類が豊富!かわいい。
f:id:kitahonami:20161018181631j:image

 

 

ここにもリアルポケモンが!ウツボカズラ
f:id:kitahonami:20161018181424j:image

 完全にウツボットだ…!

 

葉っぱの先に葉っぱみたいな花がついた、フェイクっぽい植物も。
f:id:kitahonami:20161018181641j:image

 

 

木についてた種を割ると油が出てきて、火が付きました!(ガイドさんが付けてくれた)

f:id:kitahonami:20161018182629j:image

 

 

葉っぱに擬態した虫!擬態好きとしてはテンションあがります。
f:id:kitahonami:20161018181454j:image

 

 

ハートブレイクリーフ(こんな名前だったような?)。2枚合わせるとハートの形だけど、1枚ずつにすると壊れたハートに見えるからだそう。
f:id:kitahonami:20161018181957j:image

 

こんな感じで、植物好きにはたまらない公園でした!
ガイドさんがいっぱい面白い植物を教えてくれるので楽しかったです。

 

 

 キャノピーウォーク&ポーリン温泉

ツアーの案内とか見てもいまいちよく分からなかったのですが、これら2施設、同じ敷地内にあります。

駐車場降りると「ここがポーリン温泉だよ」的な看板があって、その奥を歩いていくと本当にポーリン温泉があります。
f:id:kitahonami:20161018181950j:image

 

で、それを突っ切っていくと急に出てきます。キャノピーウォークが。
f:id:kitahonami:20161018181904j:image

道が細くて怖い!

f:id:kitahonami:20161018181922j:image

 

温泉とこの施設を一緒にした意味は分かりませんでしたが、面白かったです。

 

 

 ホテルに戻る

行きから思っていたし、車内で一睡もできないくらい思っていたのですが…

このドライバー、運転荒すぎる!!

かなりの山道で道もぼこぼこなのに、平均時速は80kmでした。嘘でしょ…。

2回くらいぶつかりそうになってるし、何回か急停止して運転手に謝られました。ならもっと丁寧に運転してくれ!!

そんなドライバーだったので、帰りは2時間かからずにホテルに帰ってきました。

とにかく生きてて良かった!!

 

 

ツアーを終えて

ツアーを予約した時はホテルに送ってくれればOKと伝えていたのですが、帰り際にガイドが「ホテル経由して空港まで送ろうか?」と言ってくれたりと、結構至れり尽くせりでした。

運転の粗さを除けば、飛行機の時間にも間に合ったし、最高のツアーでした!

でも、もう乗りたくはないけどね★

 

キナバル山、ガイドに聞いたら6万円くらい出せばガイド付き1泊で登れるみたいなので、次来た時は登りたいなと思いました。

 

以上で、コタキナバル旅行記は完結です!

 

明日はグルメ編を書きます。

まじで、安うまグルメが沢山でした!!

 


よろしければ、今回の旅のまとめをどうぞ。

kitahonami.hatenablog.com

 


コタキナバル観光、1・2日目はこちら。

kitahonami.hatenablog.com

 

 

コタキナバル観光、3日目はこちら。

kitahonami.hatenablog.com