破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

【ももクロ歴6年の古参女子ノフが選ぶ】ももいろクローバーZ 昔のおすすめDVD/ブルーレイ3選

スポンサーリンク

大人もハマるアイドルといえば…

そう、ももいろクローバーZですよね!

f:id:kitahonami:20161109213003j:image

 

私は2010年に発売された「ピンキージョーンズ(ココ☆ナツ)」という曲の発売以降、ももクロの大ファンです。

当時は早見あかり(青担当、通称あかりん)推しだったのですが、卒業後は百田夏菜子(赤担当、現リーダー)推しです。

※詳細はこちらから。

 

当時は友達にYoutubeを見せて宣伝し回っていたのですが、みんな「誰それ?」という感じでした。

それが今では、かなこちゃんがNHKの朝ドラに出演中だったり、グループ全体でも国立競技場やドームでのライブを成功させたりと、日本を代表するアイドルとなりました。

 

感無量です。

 

そんなももクロですが、今も変わらず良曲を出し続けています。

ですが、あの時ハマったあの曲やこの曲を聞きたくなる時だってあるんです。

 

こういう時こそ、昔のDVD/ブルーレイで復習だ!!

ということで、ももクロファン歴6年の古参・DVD(またはブルーレイ)は全種所有している私が、昔の作品から超厳選して3つ、おすすめのものを紹介していきたいと思います。

 

ルール

  • 国立競技場でのライブよりも前に発売されたものから選出
  • 選出理由とおすすめの1曲を紹介

 

 第3位:女祭り2012-Girl's Imagination-

女祭り2012-Girl's Imagination-

選出理由

セットリストが、全てのDVDの中で一番好きだからです!

盛り上がる曲しか入っていません。当時としては古い曲だった走れ!や最新曲だったZ女戦争など色々と歌ってくれるのですが、どれも踊れる神曲ばかりで1曲も休ませてくれません。

実はこのライブ、私と友人ハルがちらっと写っているのですが、ずーっと踊り狂っていました。前から3列目のどこかで楽しそうに飛んだり跳ねたりケチャしたりしているので、ぜひチェックしてみてください。(笑)

おすすめ曲:ミライボウル

曲はもちろんですが、衣装がバニーガールが可愛すぎてやばい。最初はハットを被って登場するのですが、それをとるとうさ耳が出てくるんです!

昔のももクロは特に、なかなか可愛い格好をさせてもらえてなかったのですが、女祭りということもありこの時の衣装は可愛いものが多かったです。

▶リンク:ももクロ 秋の二大祭り「女祭り2012」

 

 

第2位:ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会

ももいろクリスマス2011 〜さいたまスーパーアリーナ大会〜

選定理由

今では信じられませんが、このライブがももクロ初のアリーナコンサートでした。

5人ともこんな大きな箱でできるなんて夢見たい!と本当によろこんでいて、見ているこちらも「本当によく頑張ってきたね」と応援したくなる一枚です。

また川上マネージャーに加え、バナナマン、南海キャンディーズの山ちゃんがゲスト参加しており、解説や実況をしてくれるのですごく面白いです。

もちろんセトリも無駄がなく最高です。

おすすめ曲:サンタさん

今ではももクリ恒例となっていますが、高城れに(紫担当)が本格的なマジックショーを披露したのはこれが初めてでした。れにちゃん、すっごい頑張っているのですが見ているこちらがハラハラします。他のみんなもすごく元気に踊っているので、面白くて元気の出る一曲です。

※それまでもマジックは披露していたのですが、ちゃんとしたマジックと呼べるレベルのものはこれが初めてでした。

▶リンク:ももいろクリスマス2011 〜さいたまスーパーアリーナ大会〜 

 

 

第1位:中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事〜眩しさの中に君がいた〜 

中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事 〜眩しさの中に君がいた〜

選定理由

あかりんが卒業するライブだから。

これに尽きます。独断と偏見すぎてすみません。でもこれに尽きます。

もちろん曲はかなこちゃんもあかりんも泣きじゃくって大変だった「デコまゆ 炎の最終決戦」です!というと 、古参の方からは「やっぱりそうきたか」と言われそうなので、曲でひとひねりします。(曲も「やっぱりね」と言われるかもですが…)

おすすめ曲:ピンキージョーンズ

このライブの最初に歌ったのがこの曲だったのですが、もう出オチ感がすごい。ももクロ、また仕掛けてきたか!!という登場の仕方です。

気になる方は、Wikipediaに載っている こちらの画像をご覧ください。

4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事〜眩しさの中に君がいた〜 - Wikipedia

アイドルなのに、プロレスマスクして登場してきます。

顔を出さずに登場するという、アイドルらしからぬ行為…。まさに「ももクロ」です。

このライブには参加していませんが、この事件をYahoo!ニュースで見たときの衝撃は未だに忘れられません。

▶リンク:中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事 〜眩しさの中に君がいた〜

 

 

さいごに

完全に独断と偏見で選出しましたが、いかがでしたか?

最近ファンになったという方の参考になるといいなと思って書いたのですが、伝わったでしょうか・・・。

また古参の方は、「いやいや、私は角田さんが出て1曲一人で歌い上げた男祭りがいい」など色々と意見があると思いますが、もしよければ教えていただけると嬉しいし楽しいです。

そして全然ファンじゃないけどという方、第3位のDVDだけでもいいので、ぜひ見てみてください!珍しく可愛いももクロが見られます。

 

●ももクロの最新曲はこちら!

ザ・ゴールデン・ヒストリー