破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

もし10億円あったら?私は、山を買いたい。

スポンサーリンク

友人ハルが、こんな記事を書きました。

 

もし10億円手に入ったら明日からなにをする? - ともとはる


私についても言及してくれており、ピザ窯やハンモックを作ってほしいというオーダーが入りました。
10億円手に入れたとしても、一緒に遊んでくれてありがとう。喜んで作っちゃうよ。 

朝から「夢のある話」を読んでわくわくしました。こういうのって想像するだけでわくわくするので、私も考えてみました。

 

 

 

最初の2億

f:id:kitahonami:20161121104357j:image

私はまず、山を買います。

できれば年中温暖で過ごしやすい静岡あたりの山を買いたい。
山の値段なんてピンキリだしよく分からないけど、2億あれば買えるんじゃないかと。
とにかく山が欲しい。

 

次の2億

山を買ったあとは、そこで楽しく快適に暮らす準備をします。
1億くらいで家建てて、残りで子供と遊べるような施設を作りたい。

アスレチック、ピザ窯、燻製器などをDIYしたいです。

 

あとは、山の麓でトモとハルにカフェを開いてほしい。なのでそのための運用資金などを出資します。私はカフェ経営とかに向いていないので、お客さんとして毎日お邪魔したいです。
で、そこでゆっくりしながら山での出来事をブログに書いて収入を得たい。
あと、トモとハルのおすすめのマンガとか本を置いてほしいな。二人はいつも本を読んでいて、面白いものをいっぱい知っているので。

 

どうしてこんなに山!山!というのかと言うと。山って、子供の運動能力と想像力を伸ばす一番の手段だと思うんです。
子供のころ秘密基地を作るために大きい葉っぱを探して敷いたり、イタドリという植物を編んでテーブルを作ったりと、沢山工夫をして遊びました。
「工夫する力」とか「発想力」ってどんな年齢になってもすごく大切なことだと思うから、自分の子供には絶対に身に着けてほしいんです。そのための、「山」。

 

あとは、自分が自然大好きだから。
春は新緑の中お散歩したいし、夏は木陰で涼みたい。秋は焼き芋を焼いて、冬はどんぐりとかツタを拾ってクリスマスリースを作る。四季折々の自然を楽しみながら生活したいです。

 

ようやくの3億

山を買ったり家を建てたりをすべて済ませたら、ようやく自分の家族(両親と妹)に大金を手に入れた旨を報告します。それも、新築の私の家で。
「実は8億円手に入れたんだけど、山と家買うので4億使っちゃって。残りの4億は家族で山分けしよう」と言って一人1億ずつ分配することにします。
(全部両親にあげたらいいんだろうけど、まだお金はとっておきたいから…心の小さい私でごめん、お父さんお母さん。)

 

残りの3億

ハルと同じですが、あとは貯金します。

海外旅行と国内旅行にちょろちょろっと行って満喫しきったら、残りのお金は全部貯金。
山での生活なんてどこまで続くかわからないし、そういう懸念事項を抱えながら生きていくよりは、「まだ3億あるからよゆーだぜイエーイ」と思いながら生活したいです。
精神的安定を買うと言ってもいいかな。


と、現実味のないことを考えてみましたが、すごく楽しい!
あと「山が欲しい」というのは長年思っていたけど、相場を調べたことはありませんでした。
今回記事を書くにあたって軽く調べてみたら、数百万円からでも買えそう!

これ、ありなんじゃない?と思いました。