読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

理系女子から見た「人は見た目が100パーセント」

スポンサーリンク

旧帝大の理系学部を卒業した、27歳の破天荒OLです。

私は現在、都内のメーカーで理系の知識を活かして企画マーケティング的なことをしています。

 

 

そんな理系の私が今ハマっているドラマ、それが「人は見た目が100パーセント」です。

f:id:kitahonami:20170415103405j:image

理系女子3人が「おしゃれとは?」を追求するマンガ原作のドラマです。

▷原作はこちら:人は見た目が100パーセント

 

今日は、そんな理系の私が「人は見た目が100パーセント」を見てあるある!と思ったことを3つ書いていきたいと思います。

 

会社に行ったら作業着を着るだけで済むから、オシャレなんて必要ない

そう、これ!超あるある!!

出社と同時に作業着か白衣に着替えるから、私服なんて通勤の時しか着ていないようなもんです。それに加えてマスクとか帽子とかつける日なんて、もはや化粧すら必要ない。

まあ、さすがに会社にすっぴんで行ったことは未だにないのですが…友人はるからは、ずっとすっぴんで行ってると思われていたようです…

▽はるとのライン。

f:id:kitahonami:20170415104129j:image

 

 

研究員だからって、解析ばかりやっていればいいってもんじゃない

f:id:kitahonami:20170415105132j:image

ドラマでは、研究ばかりやってないで市場を見ろ!という場面があるのですが、まさにそう思います。

研究員は研究だけすればいいと思っている人が多いですが、市場が見えていないと最終的な着地点を予測しながら研究を進めることができません。これ、本当うちの会社の人にも見習ってほしい…

全然関係ないのですが、上の写真は大学時代の研究室です。建物がボロすぎて服が汚れるので、毎日スウェットで通学していました。女子力…

 

 

褒められ慣れていないので、褒められたらどうしていいか分からない

研究は、いつもトライアンドエラーです。褒められることというか、自分がしてきた研究に対して結果が出ることなんて、ほとんどありません。

失敗し続けても諦めない打たれ強さだけは身につきますが、成功したり褒められたりすることには慣れていないんです。

会社に入ってからもそうで、自分の仕事内容で叱咤激励を受けることはあっても、褒められることは少なく…この前初めて課長が褒めてくれた時なんて、「課長、いま私のこと褒めてくれてるんですか!?」と確認しちゃいました。

 

 

以上、こんな感じで研究していた時代を思い出しながら楽しくドラマを見ています!

 

原作マンガも読んでいるのですが、東京タラレバ娘で感じた「え、誰?主人公似てなさすぎ」というストレスもなく、みんな似ているので見ていても気持ちいいです。

ファッションとかメイク術は漫画の方が詳しく載っているので、気になるリケジョは見てみるといいかも!

 

▷原作はこちら:人は見た目が100パーセント