破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

私がエジプトに行っても生きて帰れると判断した理由

スポンサーリンク

旅行がライフワークの破天荒OLです。

今日これから、3泊5日でエジプトに行ってきます!

 

色んな人から「危険だから行くな」と猛反対されましたが、

  • ピラミッドをこの目で拝みたい
  • 20代のうちにアフリカ大陸に上陸したい
  • アラブの文化を体験したい
  • ベストシーズンなのに旅費が激安すぎる(治安への不安から)

こんな理由から、「今」、どうしても行きたいので行くことを決意しました。

とは言っても死にたくはない。絶対に。

出発日の今日は、なぜ今、危険だと言われているエジプトに行っても生きて帰ってこれると判断したのか、その判断材料を書いていきたいと思います。

 

 

私がエジプトに行っても生きて帰ってこれると判断した理由

先に書いておきますが、海外旅行で絶対安全という保障は、どこの国に行ってもありませんし、全て自己責任です。あくまで、私が「行っても死なずに帰ってこれそう」と思った理由を書いているだけですので、参考程度に読んでいただけますと幸いです。

 

カイロの危険度はレベル1

私は海外旅行に行く際、いつも外務省が発信している「海外安全ホームページ」でどんな危険(自然災害や犯罪など)が多いかや、今危険な地域に行こうとしていないかをチェックしています。

海外安全ホームページ: 危険情報詳細

それによると、私の訪問先であるカイロとギザという都市は危険度レベル1の「十分注意してください」。(レベル2以降になると渡航は止めてという旨になります)

やばそうじゃん・・・と思われる方もいるかもしれませんが、日本人がよく行く治安がよく行くインドネシアやカンボジア、フィリピンなども、現在危険度レベル1なのです(2017年11月情報)。

サイトでは危険度レベル1としている理由や現地のデモやテロなどの最新情報も掲載されているのですが、最後のテロから1年ほど経過していることから、行ってもテロに見舞われる危険はかなり低いと判断しました。

 

ついに日本からの直行便が復活!

エジプト航空、成田線の運航再開へ、10月29日から週1便 | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン

成田-カイロの直行便(エジプト)は、2013年に政情不安による需要減少から運休となっていました。が、現地の政情がかなり安定してきたということで、今年の10月から再開することとなったのです!

やはり直行便が就航しているという安心感と、徐々に日本人観光客が戻ってきていることを示しているのだな、と判断しました。

ただ、チケットが高かったので、ドバイ経由のエミレーツ航空で行きますが・・・それはそれで、楽しみです。

 

友人からの「行ったら全然違った」発言

以上2つの情報をもってしても、それでも不安を抱えていたため、先月(2017年10月)カイロ、ギザ、ルクソールを周遊した友人(男)に治安情報を聞きました。

すると、「行ってみたらイメージと全然違った。観光地の中に限っては、とても治安が良かった。テロさえ起きなければ問題はなさそう」とのこと。

これを聞いて、行ってみないと分からないこともあるだろうし、とにかく行ってみたい!という気持ちになりました。

 

おわりに

いよいよこれから旅立ちますが、もちろんテロなどの犯罪に巻き込まれる可能性が0というわけではありません。しっかり気を引き締めて、でも超楽しんできたいと思います!!

 

こんな具合で、準備も万端です!!

f:id:kitahonami:20171122191408j:image

 

ちなみにエジプトのるるぶ、情勢不安から全然新しいの発行してくれず、2013年発売のが最新でした・・・

るるぶエジプト(るるぶ情報版)

 

●関連記事