破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

28歳OL、事務職へ〜社員と派遣の隔たり編〜

スポンサーリンク

大阪在住28歳の破天荒OLです。

先日、東京から大阪に引っ越しました。

写真は万博公園でお花見した時の写真です。きれい。

f:id:kitahonami:20180409113755j:image

と同時に、本社のマーケティング職から支社の事務職に職種が変わることとなりました。

▷関連記事:大都会東京から、大阪に引っ越しました。

 

配属前は「まあ同じ会社だし対して変わらないでしょ」と思っていました。が、自分が想像していた以上に環境が変わったので、書き留めておきたいと思います。

規模感

規模がガラッと変わり、本社は老若男女何百人も人がいる一方、支社全体で50名もいない程度になりました。

4割くらいは女性なものの、年齢的には20代は派遣社員数名いるくらいで、私以外の女性は全員超がつくベテラン社員です。

 

日々の気づき

規模も年齢層もガラッと変わった環境。

毎日、少しずつ気づくことがありました。

1日目

本社にいた時、お昼は食堂で同期や仲の良い先輩後輩と適当にガヤガヤしながら食べていたのですが、支社には年齢の近い社員はおらず、そうはいかなくなりました。

こんな区分けしてまで、お昼食べたくないよう…誰がどこで食べようが、一緒じゃないか!

 

2日目

初日はお昼休みの時間になった瞬間、やったあランチランチ!と意気揚々とお弁当を買いに行きましたが、昨日も今日もお弁当を買って戻っても、社員が休憩スペースに誰もいない。

もしや…と思いちらっと派遣の方に聞いたら、理由はないけど社員と派遣で時間をずらして食べているとのこと。

いや、理由ないならみんな好きなタイミングで食べなよ!お腹すいてないの!?

私は空腹が耐えられないからいつも一刻も早くお昼食べたい派だよ!!

 

3日目

昼食を摂る時間にしろ、歯磨きにしろ、気を遣うポイントが謎すぎてもはや面白くなってきたものの、疲弊。

 

4日目

謎の気遣いに耐えきれず、一旦休憩することにしました。

 

5日目

職場の環境にも少し慣れてきて、冷静に仕事自体について考えられるようになりました。

が、本当に何の楽しさもない!

楽しい仕事に変えてもらえるように頑張るか、今の業務内容で楽しみを見つけるか…今週は何か解決策が見つかるといいなぁ。

 

おわりに

今まで理系で女子が極端に少ない環境にいたため、女子ばかりの世界に憧れを持っていました。まさに、ドラマ「ショムニ」の世界に入ったかのような感じです。

色々文句を書いておいてあれですが、親切な方はすごく親切だし、社員も派遣も良い人が多いです。なのに、こんなどうでもいいことでギスギスしてるなんて、本当にもったいない。

私はこんな壁なんて気にせず、話したい人にはガンガン話しかけていこうと思います。