読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

27歳OLの私が理想の結婚をするための必要条件は?

スポンサーリンク

 

27歳独身の破天荒OLです。

これまで破天荒に遊んできたこの私が、いよいよ「結婚」を意識する年齢となりました。

 

先日、今の彼氏との間である事件(後日、出来事と考察を書きます)が起き、私が思う理想の結婚をするための必要条件をもう一度見直さなければと思ったので、書き連ねたいと思います。

 

男性を判断する要素としては世間一般で言うと年収、学歴、年齢、身長、顔面偏差値など・・・色々とありますが、自分にはどんな要素を持った男性が必要なのかを洗い出したいと思います。

 

 

まず、何のために結婚するのか?

私は数年前まで、結婚しなくていいやと思っていました。他人に尽くすなんて面倒だし、気ままに旅行行けるし。

ですが、友人と国内・海外旅行に行きまくり(5年で20ヶ国)、エンゲル係数の高い食事を毎日摂取する生活(週6で飲み会)を5年間続けた結果、気づいたのです。

 

「やりきったわ」

 

一人、または友達とできる経験は、もう一通りと言わず何週もやりきったのです。

 

次第に、「他人から得る経験とかじゃなく、なんていうか、誰かと一緒に新たな刺激や予想外の出来事で毎日を充実させたい」という気持ちが強くなり、ようやく気付いたのです。

 

「それって家族がいれば実現できるんじゃない?」

 

私が昔から決めている人生をかけて達成したい目標は、「最高に楽しい人生だったと言って死ぬこと」です。

そのために、一生一緒にいて楽しいと思える相手と結婚し子供を産むことは必要不可欠な要素であることに気付いたため、私は結婚したいと思います。(予定はまだないですが。)

 

 

私にとって「最高に楽しい人生」とは?

繰り返しますが、私が人生をかけて達成したい目標は、「最高に楽しい人生だったと言って死ぬこと」です。じゃあ、「最高に楽しい人生」って何なの?

色々と考えたんですが、結局のところ以下の3つに収束しました。

 

家族(子供と夫)と毎日楽しいことをしてワイワイ過ごす

②自然の中でのんびり暮らす

③年1回以上、家族で国内or海外旅行

 

ちょっと漠然としていまいましたが、概ねこんな感じです。

昔は変化のない生活なんてつまらないって思ってましたが、今は家族と一緒にのんびり過ごせればそれでいいと思うようになりました。

では、①~③を達成するためには、どのような条件をクリアする必要があるのでしょうか?細分化して考えます。

 

 

「最高に楽しい人生」を送るための必要条件

上の①〜③を達成するために必要な条件を書き出してみます。

どれも絶対に必要というわけではないですが、あるととてつもなくいいという意味での条件です。

 

①家族(子供と夫)と毎日楽しいことをしてワイワイ過ごす

必要条件

  • 頑張りすぎず楽しい仕事に就く(終業時間が短く、そこそこお金がもらえて、楽しい業務内容)
  • 仕事を頑張りすぎず、家庭を大切にし、精神的にゆとりのあるパートナーと結婚する
  • そのパートナーとの子供を産む。できれば2人以上

 

②自然の中でのんびり暮らす

必要条件

  • 自然に囲まれつつ、買い物もしやすい適度な田舎に住む
  • 趣味を存分にできる、庭付きで広めの家に住む

 

③年1回以上、家族で国内or海外旅行

必要条件

  • 一家で年間約100万円を旅行に費やせるほどの経済的なゆとりがある
  • パートナーも有給を取りやすい会社に勤めている(または自営業)

 

 

では、どんなパートナーが適切なのか?

結婚さえできればいいと思っていたけど (幻冬舎単行本)

では、「最高に楽しい人生」を送るための必要条件①~③を満たすためには、自分と結婚相手(パートナー)は、どんな要素が必要なのでしょうか?総合して考えてみます。

 

仕事

  • 世帯年収が1000万円を超える(※)
  •  有給が取得しやすい会社に勤めている

世帯年収は庭付きの家を買うために必要なだけであって、家が手に入り年1回以上旅行に行ける金銭的余裕があれば良い。

 

性格と思考

  • 私の趣味をある程度一緒にやってくれる
  • 旅行が好き
  • 子供が好き
  • 物事を男女関係なく合理的に考えられる(家事は時間がある方がやる等)
  • 自分の親を大切にしている
  • 田舎に住んでも良いと思っている
  • 田舎暮らしで外からの刺激が少ない分、家庭内で楽しいことを沢山生み出してくれる

 

あれ?もっとあるかと思ったのですが、意外とこんなもんしか出て来ませんでした。

私は結婚した後も今の仕事を続けようと思っているので、世帯年収1,000万円は十分可能です。

着目すべき必要条件は、その男性の性格や思考と、いかに真面目に働きつつ私や家族のことを考えられる人か?という点であることが分かりました。

 

 

結論

私はこの記事を書き始めた際、この記事で紹介したマンガたちのように「お金欲しい」「(私は旧帝大出身なので)学歴は自分よりも上がいい」などと書くんだろうなと思っていたんですが、将来の姿をよりリアル想像すると、大して重要じゃないことが判明しました。

というか、世間一般の人がよく欲しがっている年収、学歴、年齢、身長、顔面偏差値といったことは、自分はそんなに欲していないんだな、ということが分かりました。

今の彼氏をこの項目に当てはめて、結婚して大丈夫か考えてみようと思うので、その記事は次回書こうと思います。

 

今、彼氏がいない独身OLのみなさん。タラレバ言ってる暇があるなら、自分が将来やりたいことをよりリアルに考え、そのための必要条件をできる限り具体化したほうがいいのではないでしょうか!?