破天荒な女

人生を遊び尽くして死ぬため奮闘記

南米ペルーで食べたうどんが絶品すぎた件!ペルー料理も最高なレストラン「プカラ」をご紹介します

スポンサーリンク

旅行がライフワークの破天荒OLです。

クスコで行ったレストラン「RESTAURANTE CAFE BAR PUCARA(レストラン・カフェ・バー・プカラ)」があまりに良かったので、紹介します。

レストラン「プカラ」の情報

プカラは、アルマス広場からすぐ横にあるペルー料理と日本食のお店です。

※住所:CALLE PLATEROS 309, CUSCO

 

行こうと思ったきっかけ

エイビーロードの記事を読んで行くことにしたのですが、こんなことを書かれたら行くしかないでしょ!と思い、行ってきました。

昔ながらの滋味あふれるペルー料理を丁寧に作り続ける店は、古都クスコでもほんのわずか。クスコで「本当のペルー料理」を知るのに、「プカラ」ほどふさわしい店は他にない。

 

いざ、実食!

店内の様子とメニューはこんな感じ。清潔感があり、写真つきの日本語メニューがあるのはとてもありがたかったです。

f:id:kitahonami:20170905185010j:imagef:id:kitahonami:20170905185000j:image

食べてみたいものは沢山あったのですが、2人しかいないので3品が限界でした…注文したのが、こちら。

 

まずはセビッチェ!魚介のマリネのことなのですが、ペルー料理といえばコレという位有名らしいです。

f:id:kitahonami:20170905185032j:image

タコと鱒、ムール貝がたっぷり!何か分からないけどとにかく美味しいスパイスがかかっていて、付け合せのじゃがいももサツマイモみたいに甘くておいしかったです。とうもろこしはなぜか芋みたいな食感で不思議でした。

ちゃんとしたお店で食べないとお腹を壊しそうな気がして怖かったので露店では食べず我慢していたのですが、ようやく食べられました!

 

2品目は、唐辛子の肉詰めにチーズをかけて焼いた「ロコトレジェーノ」というペルー料理です。

f:id:kitahonami:20170905185109j:image

中身はこんな感じ。

f:id:kitahonami:20170905185147j:image

唐辛子と言いつつ、ほとんど辛味がないのでピーマンにミートソースが詰まっているような味でした。

f:id:kitahonami:20170905185409j:image

地ビール「クスケーナ」との相性も最高!ジューシーでとっても美味しかったです。

 

そして最後の品は、うどん!ペルーでも食べられるだなんて驚きました。

クスコを訪れたのは旅の後半だったので、日本食が恋しくてつい頼んじゃいました。

f:id:kitahonami:20170906175552j:image

出汁文化、最高!日本人の方が経営されているだけあって、ちゃんと日本のうどんでした。癒された~。汁が飲めるというだけで安心します。天かすが粋!

 

おわりに

以上、プカラで頼んだ料理3品をご紹介しました。どれも本当に美味しくて、日本にあったらまた行きたいレベルの美味しさで感激しました。

立地も良く、ランチ・ディナー両方OK、クレジットカードも使用可能なので本当に便利なお店です。クスコを訪れた際はぜひ行ってみてください!

 

ちなみに私が参考にしたガイドブックはこちら。小さくて持ち歩きに便利でした。マチュピチュだけでなく、クスコやオリャンタイタンボなどの情報もしっかり掲載されています。

世界遺産マチュピチュ完全ガイド

 

●関連記事